赤色.March

◎迷い込まれた方・探しているモノに関係の無いと思われる方は速やかに戻られるべきと思われます。此処は、Onlineゲーム『Silver Rain(TW2)』PC:千鴉羽のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20日学園祭だよッ!全員集合っ!!!【水コン~卒業生編~】

(by.背後):勇音と志音が卒業してはや約4ヶ月の時が経ちましたねぇ。
あっという間です。 ぃやぃやまだ4ヶ月!! 頑張っていきますよぅ!!

さてさて、今日は珍しく志音に誘われた勇音、二人の空いている時間が
20日の午前にあるという事で学園祭に顔出しに来ましたよ。

まぁ、互いの持ち時間は2、3時間が限界。どうしようと、勇音は悩みます。

すると、志音は「水着コンテストに行こう」と切り出しました。

イサネ:「ちょ!最初からそれ目的で、恥ずかしいから呼んだんかい!!!」

普段のシオンからそんな事は進んでしない訳なので、ちょっと驚きです。

シオン:「そんな馬鹿な。気が向いただけだ。」

淡々と言ってのけました。えぇ、そういう所あります。
イサネもシオンもとても気分屋です。思い立ったが吉日で行動する所があるんです。

シオン:「…それと、たまには息抜きも必要だろ。勇音にも」

不意にかけられた言葉にまたちょっと驚いてしまう。
何か裏があるのでは…? と思ってしまうが
近頃会わない内にちょっと優しくなってませんか?
と内心喜んでもいる。

イサネ:「……まぁねぇ。 来ちゃったし時間ないし。それで行こうか」

二人は水着コンテスト会場へ行くのでした---


イサネ:「何処の学年から見て回るぅ~?」

聞き取り難かったのか、あぁー?とシオンが聞き返してきた。
コンテスト会場もやはりメインな場所なので人が多い。
人と熱気、日差しで何か蜃気楼めいている…気がする。

イサネ:「何処から見て回るのって!!」

シオン:「…ん~……そりゃあ卒業生からだろう。」

何故か当然の如く言われてしまうが。

イサネ:「りょ~かい。もち女子からだよねぇ。」

シオン:「当たり前だ。男性陣はネタで良い。俺達には時間が無い。」

シオン……まぁ、遅すぎる青春ではあると思うが、言い方ってモノがあるぞ。

(※)此処から数人お名前を出してしまいます。
不快に思われた方が居ましたら言っていただけますでしょうか。すみません。

と言う訳で見始めましたが、初っ端から おぉ?! とシオンは驚いていました。

【藤里・蒼泉(冬姫牡丹・b16102)】さん

シオンと同じ結社さんに所属していた同僚さんとか。
シオンは即行で投票用紙に≪綺麗≫を入れていました。
自分と知り合いの人がこういう場に出ていると
なんだか自分まで嬉しくなりますよねぇ。

今回初めて、リアルタイムで水着コンテストを見るわけですが、
藤里さんらしい、お似合いの水着でした。

卒業生組みは意外に少なく、後お二人≪かわいい≫を
投票させてもらったのですが、お知り合いでないので
お名前は控えさせていただこうかなぁと。

そしてシオンの好みが大体分かるお3方だったと思います(ぇ)
有り難うございました。

イサネ:「…ぃや~皆可愛かったねぇ。オジサン、ホクホクしちゃったよぉ。」

シオン:「……。 …何がオジサンだ。…勇音も出場すれば良かったんじゃねぇ?」

イサネ:「無理無理(汗) あんな人が多い所上がれないよ(汗汗)」

ふぅ~ん。と言っているシオンを横目に来年は、
出場してみようかな、と思う勇音と背後でした。
                                
                              ≪高校生編につづく≫


-・-・--・-・--・-・--・-・--・-・-
スポンサーサイト
≪ブログ・総≫ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【星、瞬く時 始まり--】 | HOME | プレイング『シロヤシオの下で ~初夏の山へ行こう~』 -結社の皆とハートフル->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。